« 随筆「大彗星は寒さとともにやってくる?」 | メイン | イモリ »

2006年06月14日

●第3訓「週末田舎暮らし・・・ちょっとムシが良すぎませんか?」

しばらく前から「週末田舎暮らし」という言葉を聞くようになりました。
ウィークデイは都会で仕事をし、土日になると特急列車や高速道路で田舎の自宅に帰り、畑仕事や森林浴にいそしむというものです。

ちょっと考えると、これは非常に具合が良さそうです。都会の暮らしも田舎の暮らしも満喫でき、交通費は多少かかるものの、都会では持てない大きな家を、土地代の安い田舎に建てることもできます。
実際、そうした暮らしを選択する人も増えつつあり、そのテの本もけっこう出版されていたりします。

でも。本当にいいことづくめでしょうか。
本人にとっては悪くないかもしれません。しかし、第2訓でも書いたように、田舎は住む人すべてが一種の運命共同体です。その土地にともに住み、自然や過疎の脅威にさらされながら、明日を切り開いていく場所なのです。
そうした土地に「俺は週末しかいないよーん。地域の役や共同作業は忙しいからできないよーん」的な人が紛れ込んだとしたらどうでしょう。
たしかに見かけ上の人口と税収は増えるでしょう。しかし、地域の役には立ちません。
別荘族であれば、はじめから地元とは無関係ですが、週末田舎人となれば話は違ってきます。住民票があるのですから、少しは地域の仕事もしてもらいたいと思うのが人情ですよね。

そうした人が、いかに畑を作ろうが林の中を彷徨しようが、地元の人にとっては都合の良い所だけを楽しんで、ゴミをポイ捨てする観光客と同じです。それはひどいと思われるかもしれませんが、土日だけでも田舎で暮らせば、そのゴミの始末は地元で引き受けなければならないのです。
本人だけが「田舎暮らしはすばらしい。森に囲まれた自宅のテラスで飲むコーヒーは格別だなあ」なんて思っていても、実のところ迷惑以外の何ものでもありません。

tubaino.jpg

いささか厳しいことを書きました。
でも、よく考えれば、ここに書いたことは都会でも同じです。地域と無関係に自分の価値観だけで暮らす。そんな人が増えているからこそ、この国の抱える病は重くなっているのではないでしょうか。

写真:旧藤橋村の入口 椿井野遠景

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://at-h.net/~has/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/35

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)