« 第3訓「週末田舎暮らし・・・ちょっとムシが良すぎませんか?」 | メイン | いつも人気! 望遠鏡展示コーナー »

2006年06月16日

●イモリ

昼休み、いつものように職場近くを散歩していると、山から湧き出す清水が作った水たまりに、イモリを見つけました。初夏から秋にかけて、ちょっとした水たまりによく見かける生き物です。
写真では背中側しか写っていませんが、腹側には赤い模様があり、ちょっと毒々しい感じです。
ふだんはあまり動かないイモリですが、以前、田んぼの畦に産みつけられたモリアオガエルの卵の下に十数匹のイモリが集まり、孵化しては水面に落ちるオタマジャクシを奪い合って食べている光景も目にしました。

imori1.jpg

山沿いでは、水のある所どこにでもいたイモリも、最近は見かける機会が減りつつあります。
水路がコンクリート張りとなり、沼や湿地は埋め立てられ、田んぼは放棄されたり宅地になったり・・・。
このままでは、どこでも当り前に見られたイモリやカエルなどの生き物が絶滅する日も遠くない気がします。
目先の私利私欲にとらわれず、多少不便でもたくさんの生物と共存できる生き方をしてゆきたいものですね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://at-h.net/~has/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/36

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)