« 「葛飾区郷土と天文の博物館」へ行きました | メイン | 田舎暮らしは体に悪い? »

2008年01月30日

●議論の噛みあう暫定税率論議を

 道路特定財源の暫定税率を巡る論議がいよいよ大詰めとなってきた。暫定税率を廃止した場合、自民党は道路建設に支障が生じると主張し、民主党はガソリン価格が下げられると主張しているが、両者の議論は根本で噛み合っていないように思われる。

 議論すべき本質は、今後とも高い税率を維持したまま道路を造り続けるのか、それとも道路建設を抑制する方向へ国の政策を転換するのかということだ。道路建設に支障が生じるという自民党の主張は、今後も道路を造り続けるということを前提としたものだし、ガソリン価格が下げられるという民主党の主張には、今後の道路造りをどうするのかという政策が見えてこない。どちらも選挙対策として都合の良い近視眼的主張をしているだけで、国民としては何とも歯がゆい。

 暫定税率部分だけの議論にとどまらず、今後も特定財源として存置するのか、それとも一般財源化を含めた多目的な財源に変えてゆくのか、今後の国づくりを踏まえ、道路財源のあり方そのものに踏みこんだ広汎かつ本質的な論戦を期待したい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://at-h.net/~has/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/331

コメント

こんにちは、介護とお仕事ご苦労様です
もし、勝ち組のトヨタならどうするかを考えると
ガソリンの課税を止めて、財源をなくして
本当にいるものを絞り込んで、必要な予算を
無駄に使っているところから持ってきてでも
工事はすると思います。
そうでもしないと変われないと思います。
これは、環境でも言える事で対応しないと
生きていけないという事になって初めて
真剣に取り組むものではと思います。
今は平和ですからトヨタのように中で
追い込んでいかないと良い工夫は
出来ないでしょうね。
今のままを維持するのは、工夫や改善は
したくないといっているようなものですから
私もしたくない時は同じ言い方をすると
思います。
特に天文台・プラネは競争がありませんので
下位いくつは廃止と、上位は待遇が良いとなれば、
山奥や小さいプラネは、もっといろんな知恵が
出るでしょうね。遠くて、便利が悪くても
流行っているうどん屋さんやあるものですから

生川さん、こんばんは。

与党は、まだまだ国民から搾り取ることができると思って暫定税率法案をごり押ししているのでしょう。
生川さんの仰るように、本当に道路が必要であれば、他の歳出を削れば済むことです。
これほどまでに道路建設にこだわる姿勢を見ていると、大きな利権が絡んでいると思わざるを得ません。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)