« 冬の夜空の小さな星座 | メイン | やっと選挙が終わった! »

2009年01月24日

●ファミスコで月を撮る

知事選挙や他のお仕事で、天文活動がほとんどできないので・・・ちょっと前に「ファミスコ60」で撮った月の写真などを・・・。

famiscomoon1.jpg

ファミスコは、ハレー彗星の頃におもちゃメーカーのトミーから発売された、口径6cm、焦点距離400mmのアクロマート屈折望遠鏡です。
おもちゃメーカー製、といっても馬鹿にしてはいけません。眼視にも写真にも使えるように設計された光学系は、シャープで色収差の少ない見事な像を結びます。
私は一時、「ファミスコで彗星を発見したらヒーローじゃ」と思い、彗星捜しに愛用したこともあります。K20mmアイピースをつけると、実視野2度、周辺部まできれいな星像で快適な捜索ができました。

今でも軽い観望にときどき使用しています。
この月の写真は直焦点で撮影したものですが、さすがに400mmの焦点距離ではスケールが小さく、あまり見映えがしません。
でも、色収差がほとんど見られないのはさすがだと思いませんか。
ちなみに、若干シャープ処理を行った他はほとんど画像処理なしです。

こんなすばらしいファミスコですが、一点だけウィークポイントがありました。
以前に太陽を投影したら、熱で鏡筒内部がちょっと溶けてしまいました。
考えてみればすべてプラスチック製のファミスコ、太陽に向けてはいけないことは当然ですよね。
すぐに気づいたので大事に至ることはありませんでしたが・・・。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://at-h.net/~has/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/532

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)