« 久々の星空 | メイン | 快晴の皆既日食!小笠原の空にコロナは輝く »

2009年07月17日

●企画展「ふるさとの戦争と暮らし」

この1週間ほど、揖斐川歴史民俗資料館の企画展「ふるさとの戦争と暮らし」の展示制作に忙殺されています。
日露戦争と太平洋戦争が私たちの暮らしに及ぼした影響や当時の世相を、資料を通じて語り、平和の貴さをわかってもらいたいという趣旨の企画展です。

日露戦争に従軍した兵士が家族に宛てた手紙、出征兵士を送るのぼりや寄せ書きの日章旗、金属供出のために使用した陶器製のゆたんぽやお釜、岐阜空襲当時の新聞、小学生が戦地の兵隊に送った作文や図画工作作品、また、戦闘機と爆撃機のプロペラなど、貴重な資料をたくさん展示しています。

puropera1.JPG

特に目玉は、大小のプロペラ2つ。
ともに木製で、非常に珍しいものです。
写真や絵と違って実物を見ると、その大きさと精巧なつくりに驚かされます。

こうした企画展は、展示制作のみならず、メディアへの広報やポスター制作なども並行して進めなければならず、その労力は並大抵ではありません。
予算は非常に乏しい(というよりほぼありません)ため、人力と創意工夫だけが頼りです。
幸い、いっしょに作業をしている学芸員さん2名が大変に熱心かつ優秀なので、予算が乏しい割にはとても良い展示ができたと思っています。

期間は7月21日(火)から8月30日(日)です。
入館料は100円と激安ですので、ぜひ皆さま、お誘い合わせの上ご観覧いただければ幸いです。
なお、月曜日は休館ですのでお気をつけ下さい。

揖斐川歴史民俗資料館 電話 0585-22-5373

写真:戦闘機と爆撃機のプロペラ。大きいですよ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://at-h.net/~has/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/618

コメント

こんにちは。
いつもお世話になります。
資料館の企画展、是非、見学させて頂きますね。

戦争が残酷であるのは、当り前ですが私たちの想像をはるかに越えております。
P.S.
皆既日食ツアー!楽しんできてくださいネ。

干場 一志

干場さん、こんにちは。

戦争展、ぜひ見学にお越し下さい。
新聞各紙やNHKでも今回の戦争展は報道され、すでにたくさんの方が見学に訪れています。

戦争の悲惨さやバカバカしさについて、この夏、もう一度、みんなで考えることができればと思っています。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)