« 特別展開場式が挙行されました | メイン | おうし座流星群 »

2009年11月24日

●かわべ天文公園への旅

和歌山県日高川町にある「かわべ天文公園」に、久しぶりに行ってきました。
なだらかな高原状の丘に、100cm反射望遠鏡とプラネタリウム、快適な宿泊施設が整備されたこの天文公園は、紀勢本線の駅から歩いていける交通の便が良い場所にあります。
市街地に近い割に空は暗く、清潔な施設とアットホームな職員の対応が嬉しい施設です。

kawabe100cm.jpg

しばらくぶりの訪問でしたので、星が見られることを楽しみにしていたのですが、残念ながら到着した日の夕方から雨。
それでも、100cm反射望遠鏡やプラネタリウムを職員の方に案内していただき、懐かしく楽しい時間を過ごすことができました。
公開天文施設の現状についてもいろいろと話すことができ、各地の施設の今後について考えさせられました。

kisyurailway02.jpg

翌日は朝から晴れ。
日ごろの行いの悪さを反省しつつ、チェックアウト後には「日本一短い私鉄」として有名だった紀州鉄道に乗車したり(現在は千葉県の芝山鉄道が最短の私鉄だそうです)、鍾乳洞を見学したりしながら、気持ちの良い一日を過ごしました。
紀州鉄道は、運行距離が2.7kmしかないローカル鉄道。
細いレールをバスのようなディーゼルカーがのんびり往復します。
左右にゆらゆら揺れながらのんびり走る乗り心地は、鉄道というよりも船に近い感じ。

他にも、往路にみさと天文台を訪問したりと、いろいろと珍しく面白い経験ができた紀州路の旅でした。

写真:100cm反射望遠鏡・紀州鉄道

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://at-h.net/~has/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/678

コメント

こんにちは。
お世話になります。

一般の方々には公開施設はいつになく、ロマンがイッパイ!

私達関係者も仕事の一環でや、仕事だからではなく、楽しんで観るよう心掛けていかなくてはいけませんネ。

P.S.
今日はお忙しい中資料館の企画展を見学させて頂きありがとうございました。
簑の展示はとても強印象的になりました。各地域で異なる簑の造り。
また、民具の見学中には今の時代は進化し過ぎなのかもと思ってしまう程でした。

干場 一志

干場さん、こんばんは。

公開天文施設を訪れるとき、私は仕事半分、楽しみ半分ですよ。
観測機器の仕様や施設の接客設備、職員の対応など、楽しみながらも必要な情報は頭に入れています。

今日は、資料館にお越しいただきありがとうございました。
全国の蓑の展示、なかなか圧巻でしょう?
自然素材を使用した昔の民具。環境にも優しいですよ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)