« Beautiful Name | メイン | 詩「Blue Stars」 »

2010年01月23日

●田舎暮らし・・・動物とのかかわりあれこれ

田舎に住んでいると、さまざまな動物に出会います。
近所の畑に色鮮やかなキジが歩いていたり、タヌキが道を横切ったり。
現在住んでいるウチの辺りはその程度でかわいいものですが、以前に住んでいた旧藤橋村では、都会では考えられない経験を何度もしました。

今はダムに沈んでしまった旧徳山村を調べていたときのこと。
川べりを歩いていたら、いきなり小猿に抱きつかれました。
食べ物を持っているとそれを奪おうとして飛びつかれることはありますが、そのときは何も持っておらず、かなり親愛感を持った抱きつき方でした。
同類と勘違いされたのかもそれません。
猿の群れは、冬から春先にたくさん見られます。
畑の作物を食べてしまうので嫌われています。

yokoyama02.jpg

プラネタリウムへの出勤途中でカモシカを轢きそうになったことが数回あります。
突然、崖を駆け下りてきて車の前を横切るのですが、もしぶつかったら相手は天然記念物、また車の損傷も軽くは済みません。
知り合いでイノシシにぶつかった人がいましたが、車は全損になってしまったそうです。
イノシシはそのまま逃げ去ったとのことでした。イノシシ、強し!
子連れのイノシシは、当時の家の近くに頻繁に出没しました。
うり坊、と呼ばれる子イノシシが母親の後を従いて歩くようすはとてもかわいいものでした。

仕事の帰り、深夜のトンネル内で何やら巨大な物体が動いているのを見て思わずブレーキを踏みました。
トンネル内の黄色い灯りに黒々と浮き上がったそれは、立派な角を生やした大きなオスのシカだったのです。
どうした理由からか、長いトンネルの真ん中辺りに入りこんでしまったシカは、どうしていいのかわからず右往左往していました。
他の車への警告のため、ハザードを点灯させてゆっくり走りました。翌日、トンネル内にシカの死体はなかったので、どうやら無事に脱出できたようでした。

集落内にクマが現れて、登下校する子どもたちを10日ほど車で送迎したこともありました。
周辺の町村では、クマが現れると待ってましたとばかりに撃ってしまいましたが、当時の藤橋ではそうしたことはせず、人間の方が遠慮してクマが地域から立ち去るのを待っていました。
良いことだと思います。
人間も自然の一角に間借りしている存在にすぎないのですから。

マムシに追いかけられて肝を冷やしたこともあります。
ちっちゃいヤツだと気を許したのがいけなかった・・・。

山での暮らしは大変でしたが、自然との関わりは今よりずっと濃厚でした。
楽しい10年間を過ごしたなあと思っています。

写真:旧藤橋村遠望

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://at-h.net/~has/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/709

コメント

最後に楽しい10年間でしたと書いてありましたが今はどういう生活をされていますか。もし都会に出たのならその理由を教えて下さい、そして今はどういう状況でどのように生きておられるのか年齢やご家族とのかかわりについて教えていただければ助かります

天水窯(坂下敦子)さん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

今は、揖斐川町藤橋からもう少し平野部へ下った、やはり田舎に住んでいます。
揖斐川歴史民俗資料館の学芸員として、文化財関係の業務に携わっています。
1962年生まれ、家族は自分を含めて3人+猫が7匹です。
支えてくれる人はたくさんいますので、田舎で好きな星を見上げながら、今も楽しく毎日を過ごしています。
東京から岐阜へ移住して17年、あのまま東京に住んでいたのでは決して得られない貴重な経験をたくさんすることができ、有意義で充実した人生を送っています。

だいぶ遅くなりましたがコメントのコメントありがとうございました。共感してくださる家族がいるっていいですね、それとおそらくお子様がいらっしゃるのでしょうか家族に若い人がいるというのは高齢になっても田舎で暮らす場合助かりますね。私は子供がいないのでうらやましいなと思います

天水窯(坂下敦子)さん、こんにちは。

子供がいても、田舎では大抵、成長すると都会に出てしまうのが悩みです。
高齢になると、田舎で暮らすのは確かに大変です。
いちばんの問題は移動手段でしょうか。
車がないと暮らせないので、かなり運転のおぼつかないお年寄りがハンドルを握っている姿をよく見かけます。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)