« 冬のアルビレオ | メイン | 街と山で星見修行 »

2010年02月22日

●屋根葺き替え見学会、盛況でした

20日(土)は、勤務先の揖斐川歴史民俗資料館敷地内にある茅葺き民家の工事見学会でした。
昨年10月から私が担当している工事で、旧徳山村から移築後23年が過ぎて傷んだ茅屋根の葺き替えを行うにあたり、今ではほとんど見ることができなくなった葺き替え作業の様子を現地で見ていただこうと計画した催しです。

minkakengaku01.JPG

午前と午後、2回開催された見学会には、揖斐川町内外から約80名が参加しました。
はじめに民家の概要を説明し、続いて民家前に特設した屋根の模型に実際に茅を乗せ、葺いた茅を屋根裏まで貫いて縄で固定するための「針」や、重ねた茅を隙間なく押し詰めるための「たたき」、茅を刈り揃える「はさみ」などの道具を使って、茅葺きの作業を実演しました。
その後、足場が組まれた工事現場に上り、実際に作業が進んでいるようすを参加者全員で見学しました。

参加された方は「勉強になった」「珍しい作業を見せてもらった」「懐かしかった」などと感想を述べていました。
工事を担当している私としても、こうして珍しい屋根葺きのようすを多くの方に見ていただき、体験型の生きた展示として工事を位置づけることができました。
文化財の修復工事などは、通常はなかなか見ることのできない細部の造作や伝統的な作業の実際などを一般の方が見ることのできる貴重な機会だと思っています。
学芸員として、今後もこうした工事や修復作業を行う場合には、できるだけたくさんの方に見ていただける機会を作りたいと考えています。

写真:模型を使って作業を実演

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://at-h.net/~has/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/726

コメント

民家の改修見学観たかったんですが、残念ながら仕事でした。参加できずすいません。

さて、今は火星が見処ピークですね。さらに、土星も観えるところまできてますね。
じっくり観察。

こんにちは。

民家は3月中旬に葺き替えが完了する予定ですので、葺き替えてきれいになった屋根をまたご覧下さい。

火星と土星、ただ見ているだけではなく、スケッチをとればさらに細部まで見えるようになりますよ。

はじめまして。
岐阜市に住んでます。昔の住宅や、昔の道具などが好きなので、茅葺の葺き替え、見学出来なくてすごく残念です。またイベントあったら教えてください。

いとうさん、こんにちは。
ご訪問いただきありがとうございます。

茅葺き民家は、揖斐川町内に6棟あります。
ひとつは揖斐川歴史民俗資料館の旧徳山民家、あとの5棟は、藤橋歴史民俗資料館にある旧藤橋村鶴見及び椿井野から移築した民家です。
どの民家も、私が担当して茅屋根の葺き替えを行いました。
藤橋の方は冬季休館中で4月から開館します。
揖斐川歴史民俗資料館とあわせて、春になったらぜひ見学にお越し下さい。お待ちしています。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)