« 「揖斐川町の生活用具」を刊行しました | メイン | 「むかし話とミュージックベル、星空の夕べ」を開催しました »

2010年04月24日

●うさぎ・猫近況

今日は、ウチで飼っている猫7匹とうさぎ1羽の近況など・・・。

まず、ご長寿うさぎのアルネ君。
齢9歳となり、老化が進んでいます。
食欲はあるものの、足腰が衰えてしまい、よたよたとしか動けない状態です。
夏を乗り切れるのか微妙なところです。

猫の中で一番の古株であるビビさんは、蓄膿症で鼻水とくしゃみが止まりません。
ウチに来たときにすでに高齢だったので、相当おばあさんだと思うのですが元気です。
いろんな妖術を使うので、化け猫化しているという説も・・・。

鬱病の黒猫、くろ。
なぜかこのところ、私の膝に乗ってきます。
相変わらず目を合わせてはくれませんが。

くろと兄弟のくしちゃん。
私のことが大好きでいつも肩に乗ってきます。
猫を肩に乗せて街を歩いたら注目されそうです。

貴公子ルーン。
いい男なのに、メス猫に嫌われていつも猫パンチを喰らっています。
いいヤツなんだけどなあ。

お母さん猫のめそめそ。
賢く美人、健康、人にも懐いていて飼い猫としては完璧です。
少し前、なぜかおなかの毛がはげてしまったのですが、だいぶ治ってきました。
いつも膝に乗ってきます。

その子ども、くろっぴ。
すっかり大きくなって、大人の大きさになりましたが頭の中身は子猫のまま。
ちょっとはねっ返りのやんちゃな女の子です。
少しは落ち着いてきたかな。

おデブのサビ猫、ちび。
相変わらずよく食べます。
食べては寝て太る一方。
子猫の頃はよく懐いてたのに、最近はなぜかいつもビクビクしています。

毎日の世話や食費・治療費捻出は大変ですが、みんな元気に長生きしてほしいと思っています。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://at-h.net/~has/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/754

コメント

こんにちは。
お世話になります。

まっちゃんの邸宅にお邪魔させていただいた時に猫ルームを見せていただいたのですが、みんな元気の塊!でしたが。

最近、東京で数匹の猫が切りつけられるという記事がありました。
しかし、こんな罪悪感のない奴が、ヒドイという言葉では言い表せないぐらいの虐待というか犯罪です。

虐待にあった猫ちゃん達は皆、御近所達さんによって保護されて暮らしているようです。
その保護した方は"始めは猫ちゃんをあまりにもヒドイ状態で直視できなかった、今後は家族の一員として可愛がってやりたい"
と仰ってみえました。

干場一志

くろ。
私というものが在りながら…。
まさか、くしの真似をして○○に目覚めたとか?
ショックの余り、実家に帰らせていただきます(笑)。
(ホントに今日、帰り(?)ます。)
さようなら(笑)。

アルネくん、私と同じで夏がダメなんですよね。
去年の夏は余り暑くなく、私は体調がとても良かったです。
アルネくんの為にも、今年も暑くないといいですね。

干場さん、こんにちは。

猫たち、元気そうですが、それぞれ大なり小なり病気があるんですよ。人間と同じです。

動物虐待のニュース、見るたびに心が痛みます。
最近多い児童虐待もそうですが、自分より弱い者を虐めるなんて最低です。
自分より強い者に立ち向かえよ!と思います。

Ogawaさん、こんにちは。

やっぱり、くろも○○に目覚めたのかもしれませんよ。
昔から私は○○系の人に好かれましたから(笑)。
でも、くろの本命はやっぱりOgawaさんでしょう。私の膝に乗ってくるのはいわば代償行為?みたいなもんです。
だから早く実家から帰ってきて(笑)。

今年の夏は、関東以北は冷夏だそうです。
太陽活動低下の影響で、あまり暑くないんじゃないでしょうか。
アルネくんもOgawaさんも助かりますね。
あまり冷夏だと晴れなくなってしまうのが問題ではありますが・・・。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)