« 2009R1(McNaught)彗星が明るい! | メイン | 企画展「清流揖斐川」が始まりました »

2010年06月07日

●穴掘りの毎日・・・

このところ毎日、揖斐川町内の山の中へ出かけては穴掘りをしています。
文化財標柱を立てるための穴です。
どこの自治体でも、市町村指定文化財というのが選定されていて、その文化財のある場所には文化財名称と文化財所有者名などを記した柱を立てることになっています。
揖斐川町では文化財担当の私が標柱を管理する業務を行っており、今回、傷んだり破損している標柱を12本、立て替えることになりました。
このほど発注していた標柱ができあがりましたので、それらを現地に立てる作業を行っているというわけです。

rokujizou01.JPG

1町5村が合併した揖斐川町は面積が非常に広く、山間地が多いために、現地へ到達するのもなかなか大変です。
数十分かけて山奥へ分け入り、持参したスコップなどを使って深さ40cmほどの穴を掘って、長さ2m、太さ10cm角、アルミ製の標柱を倒れないように埋めるのです。

地面が柔らかければいいですが、石ばかりで硬い場所だと少しもはかどりません。
ましてやこの季節、スコップをふるっていると暑くて暑くて・・・。
蚊に刺され、ヒルや蛇を警戒しながら、汗まみれになっての作業はなかなかに大変です。

昨日は、揖斐川町春日の山奥にあるお寺で作業をしていました。
お寺の境内で開けた場所でしたので、さほどの苦労はありませんでした。
12本作成した標柱のうち、昨日までに7本を立てましたので、残りはあと5本。
今週中に何とか目途をつけたいなあ。
学芸員の仕事にもいろいろあるんですよ。

写真:昨日立てた標柱(揖斐川町春日美束 六地蔵)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://at-h.net/~has/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/776

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)