2010年07月06日

●幸運のキノコ

昨日は、カミさんと一緒に自宅近くの山を彷徨っていました。
さして深くない山ですが、雑木林を綺麗な渓流が流れ、古墳や城跡があちこちにある楽しい山です。

mannentake01.JPG

いくつかあるハイキングコースのうち、まだ行ったことのない「健脚コース」なる急傾斜の山道をぐいぐい登っていたところ、岩の間から何やら黄色いものが覗いているのにカミさんが気づきました。
はて、なんじゃろうと近づいてみればキノコです。
柄がオレンジ、傘は黄色で、全体がニスを塗ったようにつやつやしています。

帰宅して調べてみたら、マンネンタケというキノコでした。
漢方薬として用いられる「霊芝」です。
かなり珍しいキノコらしく、見つけた人には幸運が訪れる・・・と中国では言い伝えられているそうです。
一本だけではなく、近くには生えてきたばかりの子どもの(?)マンネンタケもありました。

tanken01.JPG

見つけた場所は、このように岩だらけです。
岩から生えている木の根元に、大人と子どもの(?)マンネンタケが並んで生えていました。
あたりの山の中には、他にもたくさんのキノコが生えていて、キノコ観察をするだけでも楽しい一日が過ごせそうです。

それにしても、この蒸し暑さの中、急傾斜の山道を登るのはさすがに疲れました。
まあ、蒸し暑い日々が続いてるからこそ、たくさんのキノコにも巡りあえるわけですが・・・。
マンネンタケを見つけて、幸運が巡ってくるといいなあと思います。