« まっちゃんといえば・・・ | メイン | 公開天文施設かくあるべし! »

2010年07月15日

●企画展「ふるさとの戦争と暮らし」制作中

7月20日(火)から始まる揖斐川歴史民俗資料館の企画展「ふるさとの戦争と暮らし」オープンに向けて、毎日、展示作業に汗を流しています。
ここ数年、夏の恒例展示として行ってきたこの企画展、年を追う毎に内容が充実、新聞やテレビでもたびたび紹介されるなど、注目されています。
今年は、私を含めた学芸員3名の他、学芸員実習に来ているM君にも手伝って貰い、昨年以上に充実した展示を気合いを入れて作成中です。

22sensoutenseisaku.JPG

戦争に関する展示は、なかなか難しいものです。
揖斐川歴史民俗資料館の展示では、前線での実戦ではなく、主として銃後の生活に重点を置いて展示をしていますが、それだけではどうしてもインパクトが弱く、もっと生々しい戦争の実態や悲惨さを伝えられる資料も展示したいのが私の本音です。
しかし、よほど気をつけて展示をしないと、右よりの人からも左よりの人からも思想絡みのクレームをつけられることが多く、どうしても無難な展示になってしまいがちなのです。
本当ならば、戦争の悲惨さをあからさまに伝えられる実物資料や写真を展示したほうが、銃弾に当たって死ぬとはどういうことか、海戦で乗艦が沈没し溺れ死ぬとはどういうことか、食糧がなく飢えて死ぬとはどういうことか、自らの仮想体験として理解できると思うのですが、そうした展示をした場合、「残酷だ」とか「軍国主義的だ」などといった批判をされがちです。
悲惨な実態を伝えてこそ、平和を願う心が養えると思うのですが、現代のわが国にあっては、戦争を正面からとらえること自体がタブーになってしまっています。

公立の博物館施設ですから、なかなかタブーを破ることが難しいのは事実です。
でも、さまざまな制約の中で、できる限り新鮮な視点から、戦争を展示してみたいと思っています。

展示期間は、7月20日(火)~8月29日(日)です。
展示品の紹介など詳しいことは、また後日、書きますね。
始まったら、皆さん、ぜひ見に来て下さい。

写真:PCや資料が散乱する展示作成中の状況。今日中に何とか完成しないかな。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://at-h.net/~has/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/800

コメント

こんにちは。
いつもお世話になっております。

展示、結構進みましたね。先日別件で施設に行ったときは、何をどこに!の状態でしたから。楽しみにしてますよ。また、あのホーキングN博士を無理矢理連れて見学を...!

学芸員研修生M君とは、たしかあの...?
??城・プ!にいる!(笑)

干場一志

干場さん、こんばんは。

展示、98%終了しました。
あとは明日、最後の詰めをして完成です。
でも、これからポスター制作とマスコミ等へのリリースをしなければ・・・。
ホーキングN博士、お時間があればお越しくださるように言って下さい。
お待ちしておりますので。
学芸員実習のMさんは、最近、軍事研究家のMさんと言われるようになりました。

ご無沙汰しています。
堺市には常設の平和と人権資料館があり、
「戦争は環境破壊」「環境破壊は人権侵害」とのことで、平和、人権、環境の3テーマのブースがあります。下記をご覧ください。
http://www.city.sakai.lg.jp/city/info/_jinken/index.html

もーたさん、こんばんは。

堺市、いろんな施設がありますね。
ぜひ一度、お邪魔してあちこち見て回りたいです。
戦争は最悪の環境破壊ですね。
もちろん最悪の人権侵害でもあります。
ただ、平和を唱えるだけでは戦争がなくならないことも事実。
一人一人が、国際社会の実情をできるだけ正確に理解し、できる行動を取ることが大切だと思っています。

こんにちわ
戦争関連は戦勝国と敗戦国では意識や扱いが違うと思います。
昔、米国WESTPOINT陸軍士官学校に行きましたが、記念博物館には実物原爆(模型でしょう)や日本の降伏文書(あのミズリー号での署名された)のほかにも十四年式拳銃や38歩兵銃などが展示されていた。博物館は歴史的に時代を追って、米英戦争などの記録も展示されていました。
自宅に、昔の木製たらいやコタツ木枠(布団の中に入れた)戦前のものがよい布団などがありましたが全部処分しました。
あ~っと、まだひとつ重たい軍用箱(住友製)が残っています。こんなの寄付して受け取ってもらえるかな?

bandloverさん、こんにちは。
そうですね。戦勝国と敗戦国とではまったく意識が異なるでしょうね。
日本は、無理な戦争の結果の敗戦ということから、意識して先の戦争のことを考えないようにしているような気がします。
学校でもおざなりにしか教えませんし。
私は経済学部出身なので、植民地経営などを巡る経済戦争の結果、本物の戦争が惹起されたという戦争の背景を、もっと子どもたちにも大人にも理解してほしいです。
軍用箱ってどんなのでしょう。
一度、拝見してみたいものです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)