« 詩「記念日」 | メイン | 夕映えの積乱雲と流星観測 »

2010年07月23日

●企画展「ふるさとの戦争と暮らし」開催中

私の勤務する揖斐川歴史民俗資料館では、7月20日(火)から8月29日(日)まで、夏の企画展「ふるさとの戦争と暮らし」を開催しています。

propera02a.JPG

明治から昭和にかけては、常に私たちの暮らしに戦争が暗い影を落としていた時代でした。
揖斐川町からも多くの兵士が出征し、残された国民も不自由な生活を強いられました。
そんな時代をさまざまな資料や記録写真で振り返り、あらためて平和の貴さを考えていただきたいというのが今回の企画展の趣旨です。

gunpuku03a.JPG

昨年も同様の企画展を開催しましたが、今年はさらに多くの資料を展示し、見応えのある展示を作ることができたと自負しています。
ぜひ多くの皆さんにご覧いただき、子どもや若い人には物資が不足し、日々、生命の危険にさらされていた当時を学んでいただき、ご年配の方には、展示をご覧になって私たちの知らないさまざまな事実を教えていただくとともに、もしご自宅等に当時の資料がありましたら、寄贈いただいたり借用させていただければ幸いと思っています。

ちょうど夏休み中、並行して企画展「清流揖斐川」も開催していますので、ぜひご家族揃って、またお友だちといっしょにご観覧下さい。

写真:爆撃機と戦闘機のプロペラ・さまざまな軍服

揖斐川歴史民俗資料館
岐阜県揖斐郡揖斐川町上南方901番地5
電話:0585-22-5373
休館日:毎週月曜日
入館料:大人100円 小中学生50円

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://at-h.net/~has/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/804

コメント

こんにちは。
いつもお世話になっております。

一足早く、見学させて頂きました。昨年も見学しましたが、当時の物がより多く展示してありましたね。

ただ、軍服や普段着は、その物や解説だけではなく着用している写真も一緒に展示すればもっと深みがある展示になるのでは?

干場一志

干場さん、こんにちは。

軍服など、たしかに着用している写真があると良いのですが、なかなかそうした写真がないことと、肖像権の問題がありますので、難しいのです。
干場さん、着用(コスプレ)して会場を歩き回ってくれません?

お久しぶりです
父親の軍服(太平洋戦争・陸軍少尉)が上下あります。本人が着用したカラー写真もあります。民俗資料館に寄付したら保管してもらえるかな~?

bandoloverさん、こちらこそご無沙汰しています。
お父様の軍服、写真、よろしければぜひご寄贈下さい。
戦争に関する資料は、従軍された方の年齢の関係で、ここ数年以内に収集しないと集めることが難しくなってしまいます。
ぜひ一度、拝見させていただければ幸いです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)