« 慣れているはずの新幹線なんだけど・・・ | メイン | この夏最初の流星観測 »

2010年07月30日

●古民家の調査を行いました

先日、県の依頼で、揖斐川町内の古民家を調査に行きました。
古い城下町で空襲を受けなかった揖斐川町には、築100年ほどの古民家がたくさんあります。

niwa01.JPG

それらのうち、今回は大昔にお城があった清水という地区を調べに行きました。
地域の郷土史に詳しい方数名とおうちの方に案内してもらい、揖斐川歴史民俗資料館長と学芸員の私とで、一軒ずつ、外観と内部を見せていただきました。
昔懐かしい箱階段が現役で使われていたり、現代の家屋では見られない太い梁や柱、また装飾を施した欄間などの造作に感心すると同時に、歳月を経た木の家だけが醸し出す落ち着きと安らぎに、心が満たされる思いでした。

marumado01.JPG

どの家もすばらしいのですが、共通した問題は当主が高齢化し、跡を継ぐ子孫が都会に出てしまっていることです。
広大な庭の管理もままならず、家屋も傷んでいる箇所が散見され、今後が危惧されるところです。
私は、もともと日本家屋が好きですが、歳を重ねるにつれ、ますます古い日本家屋が好きになりつつあります。
でも、美しさと清楚さを維持するのは大変な努力。
観光客的に、ただ「素晴らしいね、きれいだね」と言っているだけではなく、今後、そうした民家をどのように管理したら良いのか、町や県と相談しながら検討を始めようと思っています。

写真:庭の造作・丸窓

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://at-h.net/~has/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/808

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)