« 随筆「鬱病徒然草」 | メイン | 「はやぶさ」命名雑学辞典 »

2010年12月07日

●揖斐城址の紅葉

勤務先の揖斐川歴史民俗資料館の南側にある城台山という山には、中世の頃、揖斐城という山城が築かれていました。
斎藤道三に滅ぼされたこの城跡、今でも堀や曲輪跡が良く保存されており、一帯はハイキングコースになっています。
城跡にある史跡を示した看板がいくつか傷んでいるため、先日、調査に登りました。
ちょうど最後の時期を迎えている紅葉が日ざしに映えてとても綺麗でしたので、写真を撮りながら歩きました。

221205kouyou02.JPG

文化財行政関係の仕事をしていると、さまざまなことで現地を見に行く機会が多くなります。
一昨日は、揖斐川町の文化財に指定されている道祖神の状態を確認するために出かけました。
なかなか所在がわからず、地元の方に聞き歩きながらようやく訪ねあたりました。
今日は今日で、やはり文化財指定されている史跡の説明看板が強風で倒れているという連絡が入ったため、これから確認に行ってきます。

221205kouyou04.JPG

これらは仕事ですが、趣味としても地域の文化財や遺跡に興味がありますので、時間を見つけてはあちこち散歩がてら、地元を調べて歩いています。
昆虫や動植物も好きなので、そうした散歩兼調査の際に、さまざまな生物と出会えることも田舎暮らしの楽しさです。
時には、鹿やイノシシといった大型の獣や、美しいキジなどにも出会えます。

221205kouyou01.JPG

紅葉もそろそろ終わり、山野は冬枯れの様相が濃くなってきました。
冬枯れの山野に見られる自然の営みはまた近々ご紹介するとして、秋の風情としては、今回お見せする画像が今年最後の紅葉の彩りということになりそうです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://at-h.net/~has/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/870

コメント

さすがに鹿や猪は、我が家のあたりでは見ませんが、キジは時々見かけます。先日は、庭にタヌキがやってきました。\

先月、八ヶ岳南麓のペンションに行きましたが、野鳥の姿をあまり見ませんでした。我が家のあたりのほうがずっと野鳥が多いです。庭に実のなる木を植えている家が多いからでしょうか。\

ちょこっとだけ田舎の住宅地も、さまざまな生き物に会えて楽しいものです。

うちやまさん、こんにちは。\

先日は、拙宅の近所で熊が出たそうです。\
以前に住んでいた旧藤橋村よりは、いま住んでいる場所はよほど平野部なのですが、山づたいに、そうした獣がやって来るようです。\
タヌキやイタチ、ハクビシンやアナグマはたくさんいます。\
川にはヌートリアも。\

うちやまさんのHPでも、毎回、素敵な生き物の写真が掲載されていますね。\
先日はカマキリが掲載されていて嬉しくなりました。\

ふたご群がもうすぐですね。\
平日の夜半後なので、ちと辛いですが・・・。

こんにちは、\\r

うわ~綺麗な紅葉ですね。\\r
2つめの写真も赤くてとっても綺麗!!

自然って本当に美しいですね。\\r
私も紅葉見に行きたくなりました。

動物好きさん、こんにちは。\

紅葉は、春の新緑とともに、自然がくれる毎年のプレゼントだと思います。\
澄んだ秋空に映える紅葉を見上げながら山間の道を歩けば、心の奥底までスカイブルーと深紅に染まりそうな気がします。\

紅葉はそろそろ終わりですが、冬はまた冬なりの美しい自然の姿を見ることができます。\
遠出をしなくても、そう、たとえ庭の片隅でも小さな自然の美しさに接せられる場所がきっとあります。\
ぜひ、自然とのふれあいにお出かけ下さい。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)