« 冬型気圧配置時の観測地 | メイン | 憧れだったスカルナテ・プレソ星図 »

2010年12月26日

●ホワイトクリスマス@宿直

クリスマスの昨夜は宿直でした。
宿直は、おおむね毎月2回、回ってきます。
役場に一晩、泊まりこむわけですが、私は旧藤橋村役場の出身なので、揖斐川町の藤橋振興事務所で宿直をすることになっています。

221226fujihashisnow.JPG

北陸地方に大雪注意報が出ていた昨日、北陸に近い藤橋でも積雪が予想されましたので、長靴だけ用意して出かけました。
もっと本格的な冬型になると、スコップから車の雪落としまで積みこんで出かけます。

家を出る時には雪はまったく降っていませんでしたが、旧久瀬村まで来ると、けっこうな降雪です。
でも道路はうっすらと白いぐらいで大したことありません。
ところが旧藤橋村へ入るや、道路は真っ白、20cmほどの積雪となりました。
旧藤橋村は、以前は特別豪雪地域に指定されていた場所で、多いときには2m以上の雪が積もるのです。
藤橋振興事務所周辺では、夜になって小降りになりましたが、今年初めての本格的な雪景色となりました。

写真は、振興事務所前を流れている揖斐川の今朝のようすです。
関東近郊であれば「○○峡谷」と名づけられて景勝地となりそうな景色ですが、藤橋在住・在勤中は、毎日、この景色を見て通勤していました。
田舎暮らしに憧れる都会人には、羨ましい景色かもしれませんね。
実際、雪さえ降らなければ、自然に囲まれ、星も綺麗に見えるし、暮らしやすい場所でした。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://at-h.net/~has/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/879

コメント

こんばんは

日本画のように綺麗な雪景色ですね。\

私が住んでいる所は雪があまりふらないので憧れます。(でもすごく寒いの苦手なんですけどね)

動物好きさん、こんにちは。\

こんな場所に10年以上も住んでいたんですよ。\
生まれ育った東京は、雪がほとんど降らないので、移住当初は1mを超える大雪を体験して「こんな場所に人が住めるんだろうか」と不安になりましたが、人間、どこでも住めるものですね。\
雪は恐ろしいですが、おっしゃるようにとても美しいです。\
今夜も、消防団の年末夜警で、雪の藤橋へ行ってきます。\

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)